ドラマ

オオカミちゃんには騙されない。第十二話のネタバレとあらすじ。泣いたのは泣けなかった私。

【泣いたのは泣けなかった私】

オオカミちゃんには騙されない第十一話!

あらすじと感想をまとめていきたいと思います。

あらすじ

ルードの月ラインの相手とは

ひろむの太陽ラインにルードが現れます。

ひろむがルードに聞きますが

ルードは答えられないと言います。

そしてなぜかこの場にミチが現れます。

ルードの複雑そうな表情、、

ルードが月ラインを送ったのはミチでした。

やっぱりルードは好きだったのか、、

ルードはかずまのことで話があったそうです。

かずまはカフェが完成した日が皆といれる最後に日だったそうです。

それをルードだけに伝えていました。

ミチはお別れで泣いちゃいけないと思っていましたが

流石につらいでしょう。

ルードがこのことのために月ラインを使用したのはとても男気を感じてしょうがないです。

運命の日

男子から告白の日です

この日を八人で迎えることになりました。

ゆうか

最初に告白を受けるのはゆうかです。

もちろん告白はひろむ

ひろむは一話からずっとゆうかを思い続けていました。

ですがゆうかはオオカミちゃんでした、、

まさか一人目で来るとは思ってなかった。。

もっともっと素敵な大人になってくださいと手紙にありました

ひろむにはもっと強くなってほしいと願います。

いと

次はいとです。告白はルード

いとはオオカミちゃんではありませんでした!

よかった、このカップルは、、良かった、、(語彙力)

最後ルードの 全部可愛い! がほんとうにもう、、

ほのばび

次はほのばび。告白はkaya

ほのばびはオオカミちゃんぽくないと思っていますが、、

ほのばびはオオカミちゃんではありませんでしたが

kayaの気持ちには答えられませんでした。

こういう展開もあります。

kayaはつらいですがほのばびもつらいでしょう。。

あいりはオオカミだったのか、

ゆいとにはあいりがオオカミちゃんかどうかの手紙が届きます。

手紙にはあいりがオオカミちゃんではないと書いてありました。

前半で怪しい部分があったあいりだったため投票で外れてしまいましたが

二人は本当に愛し合っていたということですね!

良かった、、

ゆいとが月ラインを送ったのはあいりでした。

信じていますの一言を伝えるだけために

男ですね。。

ラスト

ゆうかも悲しかったんですね。

オオカミちゃんでしたが女子皆で泣き合います。

本当につらかっただろうな、、

ゆうかがなかなかひろむにいけなかった理由がわかりますね。。

皆の友情に嘘はないです。

最後にかずまが月ラインを使います。

オシャレな使い方するなぁ

ミチに

告白したいのでアメリカに来てくださいと、、

オシャレすぎるだろ!!

続きが気になりますがこの続きはabemaビデオで見ることができるので絶対チェックです。。

番組概要

 【オオカミちゃんには騙されない】

 AbemaTV
 オオカミシリーズ最新作
 番組史上初・男女逆転ルール

 女子の中に恋する気がないのに好きなふりをする嘘つきオオカミちゃんが紛れている??

 10人は真実の恋を見つけることができるのか!!

https://www.instagram.com/ookami_official

第十二話を見逃した方へ

AbemaTVで公開されています

https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8WE6wbsTpphXpK

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です